クリスチャンセンター神戸バイブル・ハウス

   クリスチャンセンター神戸バイブル・ハウスも、新型コロナ蔓延に伴う緊急事態宣言を受けて、5月末まで休館しておりましたが、61日より、開館の予定です。来館に際しては、マスク着用の上、「入館登録表」にご記帳ください。発熱のある方、体調が優れない方の来館はお断りいたします。直近の情報は、当館ホームページをご確認ください。  
    KBH「キリスト教の世界」セミナー  
    今年度の主題は「世界のキリスト教事情」で、6月2日(火)は、日本キリスト改革派神港教会協力宣教師の李在永師が「宣教師が見た日本と韓国の教会の宣教と司牧の違い」が語られます。また、7月7日(火)は、日本基督教団神戸イエス団教会牧師の上内鏡子師が「フィリピンのキリスト教~経験を通して~」が語られます。共に午後2時から3時30分で、受講料は1講座につき600円(友の会会員は500円)です。以降については6月発行のNL No.100を参照ください。  
   第97回聖書セミナー  
   テーマは「『創造の季節』(Season for Creation)へのおさそい」。講師は関西学院大学法学部教授で宗教主事の大宮有博先生。期日は2020年6月4日、11日、18日、25日の各木曜日12:30から2:30。詳細は既に協会宛て送付済のチラシを参照ください。  
     
   3月18日(水)から21日(土)までの間、「アトリエ ユ・トーム主宰の藤原幸子さんの『ポーセレン レースドール展』」が計画されていましたが、延期となりました。開催時期が確定いたしましたら、改めて案内いたします。  
     
   KBH[聖書学術員」養成講座の第2課程が6月13日(土)から始まります。KBH所蔵の貴重聖書を詳細に紹介する講座です。受講料は500円/回。但し、友の会会員は2,500円(6回通期)です。午前10:00~12:00.  
     
   カトリック神戸中央教会で、「第11回KBH支援のためのチャリティーコンサートは、秋に延期となりました。改めまして、ご案内いたします。なお、既にチケットを購入された方はそのままお持ちください。再発行は致しません。このコンサートは、  日本語で聴くドイツ・レクイエム」でテレマン室内オーケストラおよびテレマン室内合唱団によって演奏されます。阪神淡路大震災後25年となるのを考慮しての演奏です。  
     
   2か月に1回発行のニューズレターで、KBHと関りが深い教会を紹介してきましたが、4月より、これに加え、KBH所蔵の貴重本紹介コラムを掲載します。  
     
   クリスチャンセンター神戸バイブル・ハウスは、一般社団法人化されました。社会的責任を担った団体として、「聖書の紹介と普及」また、会員各位の研鑽のための様々な活動を行って行きます。このため、聖書および関連書籍を常時、展示・閲覧しています。また、チャペルや談話室は様々な集会にご利用いただけます。開館は11時~17時です。 ただし、土・日・祝祭日は原則休館です。今後ともご支援をお願いいたします。